占い師を目指したい

占い師を目指して稼いでみたい。占い師に憧れる。 - 占い師になりたい場合は占い会社と契約する事が営業への近道

占い師になりたい場合は占い会社と契約する事が営業への近道

最近は占いの館でも、インターネットでも、占い師が活躍する場が増えてきていると思います。
占い師になりたいと言う方も多い事でしょう。
占い師は本業にするのも良いですし、週末のみだけのように副業にする事も出来るからです。
では占い師として一歩踏み出すにはどのようにしたら良いのでしょうか。

占い会社と契約をする

占い師として一歩踏み出すには、自分1人で行動するよりも、占い会社と契約する事が近道と言えるのである。
就職する場合もあれば、契約社員のようなスタイルで契約する事もあるだろう。
業務委託契約として契約関係に入る事が多いのかもしれない。
そして、占い会社は集客と請求処理を行い、占い自体は契約した本人が営業する事になるのである。
この時に注意したい事は、契約書の内容を良く読んで、重要なポイントをしっかり確認する事だ。

特に注意したい事

tytyjs
最低でもクレームの発生時の対処と、報酬についてはしっかりとチェックしておきたい所だ。
クレームが発生した時には、クレームの原因となった占い師が対応するケースもあれば、違う占い師に回すと言う事も考えられる。
その結果、相談者からの入金が無かったり、その分の報酬が保障されているかどうかなどはしっかりと確認しておきたいものだ。
また、報酬の計算方法や、支払方法、ペナルティの有無などについても必ず確認しておきたい。
特に昇給制度等がある場合には、どのような条件をクリアすれば良いのかまでを契約書の時点で確認すると良いだろう。
このように占い師になるには、占い会社と契約をする事が営業への近道と言えます。
その際には注意事項や契約書の内容をしっかりと確認してから契約へと移行するよう心がけたいものです。
占い師になった場合、様々な悩みや問題を抱えている相談者から占いの依頼を受けることになります。
その場合に、占い師としてやって良い事と悪い事がある事をご存知でしょうか。
占い師が行ってはいけない行為とはどのようなものがあるのでしょうか。

占い師は相談者の恐怖や不安を煽ってはいけない

占い師の中には、相談者に対して、「このままの状態が続くと大変な事になるかもしれない」等のように恐怖感や不安感を煽る方がいるそうだ。
こういった占い師は、相談者をコントロールしようとする意図がある他、霊感商法等にどっぷりとハマっている事が多いと言われている。
相談内容を好転させる為にはこの水晶を買うと良い、等と進めてくる可能性もあると言える。
その為、占い師としては半人前どころか、失格と言っても過言では無いと言えるだろう。
本来の占い師の役割を全うしていない事になり、全国で精いっぱい頑張っている本物の占い師に対しても大変失礼な事にあたるだろう。

相談者の人間関係等プライベートな部分に不信感を与えてはならない

占い師は、相談者からある程度の個人情報を聞き出し、その相談内容の状況を把握する必要がある。
それを悪用するように、プライベートな部分に対して、不信感を与える様な言動をする事はタブーだと言える。
例えば、人間関係に悩む相談者が居たとしよう。
その悩みの中で、悩みの中心となる人物に対して、相談者は十分に不信感を持っていたり、苛立ちや不安感を持っていると推測する事が出来る。
そこへ、更なる不信感を与える様な言動は、相談者の相談内容の解決に至る事にはならず、単純に悪い鑑定結果を聞きに来ただけとなってしまうのだ。
こうした行為は、占い師としてはもちろん、人間性にも問題があると言って良いだろう。
占い師募集 | 電話占いピュアリ
http://offer.purely-inc.jp/

占い師を目指している方はこちらのピュアリをご覧ください。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

アーカイブ

占い師